2014年5月6日火曜日

ipadアプリloopy で遊んでみました。

こんにちは、macyです。

今日はipadやiphoneで気軽に作曲、ループが出来る
アプリ〜Loopy〜を紹介していきます。

まぁ先にどんな事が出来るかを紹介。こちら。




と、まぁこんな感じで遊べます。

今まで、BOSSのROOP STATIONを使用していたのですが
(ライヴなどで使用するにはROOP STATIONの方が
配線や音質的に良いと思いますが)



もっと気軽に、直感的に出来ないかな?
と思い
調べていくと、あるじゃないですか!!

ただ、このたぐいのアプリは説明書など基本無く
使用方法がわかりにくいのが特徴。

今日から文章でも少し解説していきたいと思います。

まずはこのアプリを使用する為に必要なもの。

1、i pad、もしくはi phone。(当り前ですね。笑)


 



2、i Rigなどの専用のオーディオインターフェイス



 


3、loopy(アプリ)

1に関しては言う事は無いでしょう。

2のオーディオインターフェイスは
i Rigの他にも色々と出ているみたいなので
自身の予算や音のこだわりで購入するものを検討するといいでしょう。

4000円〜20000円位で色々あります。

ちなみに僕はi Rig HDを使用しています。

理由は特にないんですがAmazonのレビューで
通常のi Rigは偽物が多いとあったので^^;

3も購入しましょう(笑)

loopy HDとloopyの2種がありますが
音質や大画面での作動などの違いだけで基本的な操作には
あまり変わりはありません。

とりあえず機材が揃ったらつなげてみます。

次回へ続く