2014年1月23日木曜日

スケールについて01

スケールについて

こんにちはmacyです。

今日からは『スケール』を学んでいこうと思います。
ギターを弾いているとよく耳にする『スケール』という言葉。
この『スケール』を理解する事はソロを弾く上で
また楽曲を理解する上で非常に役に立ちます。

基本からしっかり学びましょう。



<メジャースケール>


まず一番身近なスケールを紹介します。

C音(ド)をスタートとして
D,E,F~と
順番に音を並べます。
そうすると音のならびは



C,D,E,F,G,A,B,C
又は(呼び方を変えると)

ド、レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ、ド

そしてこの音の並びの音程をみてみます。

C→D 全音

D→E 全音
E→F 半音
F→G 全音
G→A 全音
A→B 全音
B→C 半音

となり
全、全、半、全、全、全、半

という距離で音が並んでいるのがわかります。

この
全、全、半、全、全、全、半
という順番の音の並びをメジャースケールと呼びます。

スタートの音(ルートと呼ぶ)がCであれば
Cメジャースケール
スタートの音(ルート)がEであれば
Eメジャースケール

といった具合に。


それではルートをGにした場合を考えてみます。

Gから
全、全、半、全、全、全、半
の順番に音を並べていくと

G→A  全音
A→B  全音
B→C  半音
C→D  全音
D→E  全音
E→F♯ 全音
F♯→G 半音

となります。


Fがシャープになりましたね。
この
G,A,B,C,D,E,F♯,G

の並びのスケール。
Gをルートにして

全、全、半、全、全、全、半

の順に音を並べたスケールを



Gメジャースケール
と呼びます。

どうですか?

わかりましたか?

次はもう少し色々練習しながらメジャースケールを理解していきましょう。