2014年1月27日月曜日

スケールについて02

スケールについて02

こんにちはmacyです。
それでは、今回もメジャースケールについてもう少ししっかり学んでいきましょう。

前回はルート(基準、出発の)音をCGでメジャースケールを作りました。
復習してみましょう。

メジャースケールの音程の並び方は

全、全、半、全、全、全、半

という音程順に音を並べれば良いので
ルートをCにした場合


C,D,E,F,G,A,B,C

となり

ルートをGにした場合

G,A,B,C,D,E,F,G

となりました。

2つのメジャースケールの違いはFが♯しているかしていないか。
ただそれだけでした。

それでは、他のメジャースケールも作ってみましょう。
次はDメジャースケールです。

Dをルートにして

全、全、半、全、全、全、半

の順番に音を並べてみると
D,E,F,G,A,B,C,D

となります。

Gメジャースケールとの違いは
Cが♯になっている所です。

またCメジャースケールとDメジャースケールを比較すると
F,C2音が♯になっているだけですね。

後ほど重要になりますがここではとりあえず
へぇー、そうなんだー
程度でいいです。

続いて
Aメジャースケール。

これも順番に作ると
A,B,C,D,E,F,G,A



となり、
Cメジャースケールと比較すると
F,C,Gの3音が♯しています。

♯が3つになりましたね。

どんどんいきましょう。

続いて
Eメジャースケール

これは
E,F,G,A,B,C,D,E



となり
F,C,G,Dが♯します。

さらに♯が増えて4つになりました。

次はBメジャースケールです。
B,C,D,E,F,G,A,B



となり
F,C,G,D,Aが♯

5つに♯がつく事になります。

沢山やってきましたが後2ついきましょう。

続いてF♯メジャースケールです
F,G,A,B,C,D,E,F





となり
F,C,G,D,A,Eが♯

ついに♯が6つです。

最後にC♯メジャースケールを考えますと
C,D,E,F,G,A,B,C



と7音全部に♯がつきます

(この場合はCメジャースケールが♯0なので出発のルートがC♯であれば全ての音が♯するだけ)

さて、前回と合わせて7つのメジャースケールを確認してみました。
チョット長くなったので次回わかりやすいようにまとめていきます。
それでは、また。。
macy!!